うみブログ

主に旅行記や、映画の感想などの雑記ブログ

これぞギャップ萌え・・♡【脳腫瘍とエリート医師】

こんにちは、かたせうみです。

 

昨年からちょっと調子の悪かった母の容態が急変し、半身がマヒしているので、実家で介護に勤しんでいます。

 

以前も患った場所なのですが、左半身が急に動かなくなり、喋っている事も頓珍漢。

挙句の果てに、こんなメールが来るようになりました。

 

髄膜腫患者のライン写真

 

きゃ~!!

怖い!

 

このメールの時点で、私は北海道。

文章にもなっていなければ、「帰りに寿司買ってこい」とか、何たるパワハラ。

一休さんでも無理じゃろない!!

 

という訳で、脳腫瘍です。

幸い良性らしいのですが、頭の中には素人でも分かる、ゲンコツよりも大きい腫瘍が鎮座していました。

 

まぁ、あの大きさで悪性なら、とっくの昔に死んでたわな・・。

 

という感じです。

 

実は、25年くらい前にも、麻痺は無かったけど同じような症状があり、遂に痴呆が始まったのかと覚悟していた所、脳腫瘍だったんですね。

 

普通に医者に診せれば、まずは脳の検査をしてくれるので、見落としはないと思いますが、相手が年を取っていると、痴呆や認知症と見分けがつかないので、『変だな??』と思ったら、すぐに受診しましょう。

 

て、今日はこんな事書く予定じゃなくて、そう!ギャップ萌え!!!

 

顔だけカッコよければイイ!・・・てっもんじゃない?

 

私は、自他共に認める面食いで、「顔が正義!」みたいな所があります。

好みのタイプは、城田優とかダンテ。

要するに、ちょっとカッコいいくらいでは、カッコいいに当てはまらないのだ。

 

顔さえよければ、ちょっと位家事をしてくれなくても、ちょっと位仕事ができなくても(う~ん、それは100年の恋も冷めるかな??)許せるような気がします。

 

同じ「ごめんね?」でも、バラしょって言われるのと、ナマケモノしょって言われるのでは、当然査定も変わるわけで、顔がよければうちの夫ももしかして背中に花を散らすのか??

と自問自答する事もしばしば。

 

とにかく、顔がよければお点が甘くなるのは、世の常ですな。

 

 

で、前置きが長くなりましたが、手術の前って、数人の担当医師からの説明が何度もあります。

更に、医師から十分に説明を受けたか、後から看護師さんに確認されて、「ちゃんと説明を受けました」とサインしなきゃいけないし、術前診察でも、色々な科でおんなじことをな~んども聞かれます。

 

コンプラコンプラ、訴訟予防のために、色々な処置を施すことに同意し、サインをしなければなりません。

 

母はあんな状態だし、父も数年前に患った脳梗塞のせいで、医師の説明や日程を忘れちゃうので、サインは代理人(私とか、兄弟)が行うわけですが、超疲れる。

一応私も社会人のはしくれとして、文章を読むことに注力するのですが、こんなもん、いちいち読んでたら日が暮れるわ!!という感じです。

 

あ、また話がそれちゃった・・。

閑話休題。

 

で、数人いる担当医師ですが、さすが大病院(?)。

最近のお医者様は、物腰柔らかで、こまい説明や質問を厭わず、清潔感があって、ワークアウトしているのか、細マッチョだったりします。

 

更に、脳外科といえば、スーパーエリートなんだぜぇ~。

 

熊のようなエリート脳外科医、現る!

 

そんなこんなで、母の腫瘍が思ったより悪く、手術は延期になりました。

入り込んでいる血管が多いので、前日に周囲の血流を止める処置をするそうな。

 

で、その説明の為に、また病院に呼ばれた~~!

そして、またサインの嵐だ~~!

 

と、そこに、若干熊のような風貌の医師登場。

この医師は、最初に、そこそこ大きな病院で母を診てくれた先生らしい。

 

この病院から定期的に出張している先生なんだね。

 

で、入って来るなり

 

 

やぁやぁ!お父さ~ん!
僕の事覚えてる~~?
ほら~!◯◯病院で会ったじゃ~ん!

 

 

・・、??、!?

 

 

 

 声でかぁ!

さっきの医師は、物腰柔らかというか、静かに説明をするタイプだったが、いきなりヒットポイントが9999あるような医師の登場に、慄くワタクシ。 

 

しかも、妙にフレンドリーで、説明の声もデカい。

病棟中に聞こえるようだ・・。

というか、タメ口。

口調も、「~なんだよね~!」 「大丈夫~~?」って感じだ。

 

熊氏は、病状の説明や、何故、術前処置が必要なのか、更に、どのような処置がなされるのかの説明をし、最後にこの様に仰った。

 

 

ここまでで、分からない所はない~?

娘さん達は分かったみたいだけど、お父さん平気~?

 

 

 

・・・、ウケる・・。 

会話のテンポが速いので、脳梗塞を患った父は、途中からついてこれなくなったので、仕方がない。

(先生はそれは知っていると思う)

 

そして、医療漫画大好きな私は、十分先生の説明は分かりました。

 

それにしても、熊先生のあのぶっとい指で、あんな繊細な手術を行うとはびっくりぽん。

しかも、脳外科医、エリートなんだぜぇ~。

 

多分、小・中・高・大と、トップの成績だったに違いない。

きっと、あの調子で、お友達も多くて、クラスのみんなにも勉強を教えていたに違いない。

 

と、病院を後にした私の妄想は止まらない。

 

つまるところ、私は、「顔がよければそれでよし!」とか普段言っているが、頭がよくて、見た目からして(決して太いのが好きなわけではないよ)頼れるタイプが結局好きなんだな。

熊先生、彼はここ数年でスーパーヒットのギャップ萌え。

 

所で、先日母の血管塞栓術は無事終了し、熊先生から術後の話がありましたが、さすがにお疲れの様子でした。

ふふふ、ありがとうございます。

 

今日の記事はこれで終わり。

全く、会社休んでこんな記事書いてるんだから、世話ないよね。

 

余談ですが、今日のおススメ漫画はこちらです。

脳外科医の医療漫画。めちゃ面白いです。

 

 

それではまた。