うみブログ

旅行記が主と言いながらも、社会や教育の記事もある雑記ブログ

ドーミーイン東室蘭は、部屋は狭いが大浴場が最高です

室蘭は、鐵の街。

 

今は結構寂れていますが、その昔は鉄と港で栄えた街です。

 

観光資源は少ないけれど、旧新日鉄があったその街は今でも振興局の中心であり、出張者も多く、東室蘭駅付近には多くのビジネスホテルが建ち並びます。
(あったていうか、新日鉄今もあります。合併後日本製鉄に名前が変わっただけ・・。)

 

と言う訳で、ドーミーイン東室蘭に宿泊しています

 

そんな訳で、東室蘭駅に来ています。 

観光資源が少ないと書いたけれど、お近くには有名温泉地「登別温泉」があり、「地球岬」という岬があり、港からはホエールウォッチングができる船が出港したりしています。

 

しかし、北海道は交通の便が非常に悪く、近いと言っても、電車もないし、『ちょっと近くの温泉に泊まるか』と言う訳にもいかないのです。

 

東京人の近いと、北海道の近いは全然違いますからね・・。

 

今日は、東室蘭駅から徒歩7分「天然温泉 幸鐘の湯 ドーミーイン東室蘭」に来ています。

 

共立メンテナンス系のホテルは、函館の「ラビスタ」にも宿泊しましたが、、どちらも狭かったので、多分、どこもそんなに広くはないのでしょう。

 

ただ、ドーミーは同じ価格帯のビジネスホテルに比べて、サービスや施設が行き届いているので、迷った時にはおススメですよ。

 

大浴場がある所が多いけど、「ドーミーイン東室蘭」の大浴場もとてもよかったです。

 

夜食のラーメンサービスやドリンクサービス。

レイトチェックアウトのシステムなど、狭い事を除いては満足度の高いホテルだったので、もしも東室蘭で宿に迷ったら、候補のひとつにしてみて下さいね。

 

ドーミーイン東室蘭到着しました

 

f:id:kataseumi:20210324211412j:plain

 

「ドーミーイン東室蘭」到着しました。

写真はエレベーターホール。

 

ごく一般的な規模のビジネスホテルで、ロビーもコンパクトですが、清潔です。

 

道民なので、もちろん車で来ています。

駐車場は1泊700円。

道内のホテルとしては、高めの設定ですね。

 

そして、立体駐車場だった・・。

苦手・・。

 

この辺りは中島町と言って、室蘭近辺では一番の繁華街なので、土地が高いのだろうか。

 

ドーミーイン東室蘭デラックスダブルの部屋の写真

 

お部屋。

 

この間泊まったアパホテルに比べたら全然広いのだけれど、はっきり言って狭いです。

 

 

角度違いの写真。

デラックスタイプのダブルを取ったけど、昔からあるホテルに比べて、どうしても狭い。

 

JR系のホテルとか結構広いのに、規格が違うんだろうなきっと・・。

 

f:id:kataseumi:20210324211555j:plain

 

一応ダブルの部屋なんだけど、ベッドの横は、コンセントがひとつのみ。

 

f:id:kataseumi:20210324211301j:plain

 

コンセントはここにあります。

ただ、パソコン繋いで充電してみたいなことすると、あっという間に埋まる。

 

ダブルルームですから、2人で宿泊した場合、結構コンセントが足りなくなる恐れ。

 

そして、このホテルはテーブルと椅子のバランスが悪く、PC作業をするのがとてもつらいです・・。

 

f:id:kataseumi:20210324211307j:plain

 

お茶セット。

コーヒーはロビーから持ち帰ることができます。

 

ドーミーイン東室蘭のクローゼット写真

 

クローゼット。

 

ドーミーイン東室蘭には大浴場があり、移動は館内着で過ごすことができます。

 

ドーミーイン東室蘭の部屋のおふろの写真

 

シャワールーム。

大浴場があるからバスタブは無し。

函館のラビスタ函館ベイもそうだった。

 

ドーミーイン東室蘭の冷蔵庫写真

 

普通の冷蔵庫。

しかし、この冷凍庫にアイスを入れておいたら全部溶けた!!!

ビールは冷えてたのに!!

 

このホテルはカードキーで、入室したらキーを差して電気をつけるタイプなんですが、外出する時に多分、電源が全部落ちるのかもしれない。

 

アイスが溶けてた時はショックでした。

楽しみにしていたのに・・・。

 

ドーミーイン東室蘭の朝食は結構よかった

 

ドーミーイン東室蘭のレストラン写真

ここが、朝食をいただけるレストランです。

 

狭いだの、アイスが溶けただのと文句を書いていますが、「ドーミーイン東室蘭」の朝食は結構よかったです。

 

旅行誌などのアンケートでは、朝食が美味しいホテルとしてドーミーインがランク入りする事がありますが、昔、働いていた人とお話したことあるんですよね。

 

場所にもよるのかもしれないけれど、ドーミーインの朝食は、なんとパートの主婦たちが企画して調理しているのだそうな。

 

ドーミーイン東室蘭の朝食写真

こちらが朝食。朝から結構食べる

 

こちらが朝食の写真。

 

和食もパンもオムレツもあるんだけど、これだけ食べたらお腹いっぱい。

 

料金は1,500円。

相場ですね。

 

3,000円超えクラスの朝食とは比べる事ができないけれど、朝からイクラ丼とか室蘭焼き鳥などがあり、ワッフルなどもありました。

 

余談ですが、「室蘭焼き鳥」とは、焼き鳥ではなく豚串の事です。

 

おかず類は全て小鉢やパックに。

ちょっと味気ない感じですが、多分コロナのせいだよね。

従業員の人達はフレンドリーで、焼き鳥勧めてくれたりして、居心地はよかったです。
 

 

イクラ丼。

酢飯か白飯が選べます。

 

この価格でイクラ丼が食べられるとは思わず、朝から笑顔。

マスのイクラなんだけど、プレートにはちゃんと「マス」と書いてあって、好感が持てます。

 

味はちょっとしょっぱめで、やっぱりマス子の味。

 

f:id:kataseumi:20210324211444j:plain

 

朝食時、何が飲めるのかというのは、個人的に結構気にするところなんですが、コーヒー紅茶、お茶の他にジュース3種に牛乳と、ナイスな品揃えで満足。

 

ドーミーイン東室蘭の最高の大浴場と、夜鳴きそば。

 

ドーミーイン東室蘭の夜泣きそばのポスター写真

 

各地のドーミーインでは、「夜鳴きそば」というサービスを行っています。

 

夜の9:30~23:00の間に、ミニラーメンをサービスしてくれるのです!

何と無料。

 

大浴場と同じ階に朝食レストランがあり、そこで食べる事ができます。

 

ドーミーイン東室蘭の夜鳴きそばの写真

 

味はさっぱりとした醤油味で、シンプル。

量も少なくてちょうどいいのです。

 

さらに、ドリンクサービスもあり、なかなかの至れり尽くせりです。

コンビニはすぐ隣にあるし、居酒屋さんも近いです。

 

深夜のレストラン



それでは、本日最後、大浴場とレイトチェックアウトのご紹介です。

 

大浴場はさすがに写真がないので、HPで確認してください。

大浴場|【公式】ドーミーイン東室蘭 ホテスパ - HOTESPA.net

 

「ドーミーイン東室蘭」の大浴場は、大きな主浴槽の他に、露天風呂があり、サウナと水風呂がついています。

 

サウナは狭いけど、利用客が多くないので、ほとんど独り占め状態。

 

備え付けのシャンプーやリンスもいいものでした。

 

化粧水の類も脱衣所にありますので、拘らなければ持って行く必要はありません。

 

日中のドリンクサービス

 

日中は乳酸菌飲料のドリンクサービスがあり、夕方からは、ビール(ではなく、第三のビールだけど)やジュースのサービスがありました。

(1人1本)。

 

大浴場があるフロアには、ベンチと漫画のコーナーもあり、待ち合わせなどができるようになっています。

 

デイユースもできるのですが、追加料金で、+8時間のレイトチェックアウトも可能です。

 

チェックアウト後に長時間を潰さなきゃならない場合、疲れていたら横になりたいですよね。

室蘭はそんなにショッピングも楽しめないし、時間を潰すとなるとネットカフェ等を探すことになります。

 

でも、ここなら追加料金(確か3,000円)を払えば最大8時間延長できるし、大浴場の使用も可能。

無料Wi-Fiで動画も楽しめるし、昼寝もできて最高です。

 

但し、大浴場は午後3時からなので、その前に出なきゃならない人は、残念ですが・・。

 

当日、私は夜まで時間を潰さなきゃならなかったので、追加でレイトチェックアウトにしたのですが、もう最高でしたね。

 

そんな感じで、ドーミーイン東室蘭は、便利な所にあるし、ビジネスホテルなのにとても居心地が良かったので、この辺に来ることがあったら、利用してみて下さい。

 

それではまた。