うみブログ

主に旅行記や、映画の感想などの雑記ブログ

家族が減ったタイミングで、冷蔵庫を小さくして大失敗

冷蔵庫を買い替えようとしているあなた!!ちょっと待って!

 

子供たちが独立したり進学したり。

家族が減ったタイミングで、冷蔵庫を小さいものへと買い替えようとしていませんか??

 

貴方が今まで、冷蔵庫にお茶位しか入れてなかったのなら大賛成ですが、そうでなかったのなら、ちょっと待って。

とにかく、私の経験を読んでから買い替えのラインナップを考えてみて下さい!

 

家族が減ったタイミングで、冷蔵庫を買い替えた私の話

 

我が家の息子と娘が家を出て早数年・・・。

 

息子を出産する機会で買い替えた大型冷蔵庫などを買い替えるターンとなりました。

 

 

最近読んだ雑誌でも、「家族が減るタイミングで、冷蔵庫をスリム化。お陰で食材の残りが分かりやすくなり、無駄が減った」みたいな記事を読みましたが、冷蔵庫のスリム化、これは絶対間違いです!!

 

ああ、一応、ライフスタイルによりますけどね・・。

 

家族が減ったので、冷蔵庫もスリム化した・・・

 

家族が増えるタイミングで購入した大型冷蔵庫は、キャベツやレタスも丸ごと保存できるし、冷凍庫も容量たっぷり!

ビールだって沢山冷やせるし、大きな鍋もそのまま入れられ、とっても快適でした。

 

しかし、20年の月日を経て、パッキンが弱り、冷気が漏れ、あまり冷えない感じになったのと、自動製氷機能が壊れたので、買い替える事にしました。

 

まぁ、20年も頑張ってくれたので、感無量だし、使おうと思えばまだまだ頑張ってもらえる位にはお元気でしたが、最近は、いつもの感覚でしっかり扉を閉めたつもりでも、わずかなすき間が空いていたりと、老朽化も否めず、電気代も勿体ないので、この機会に、新しい冷蔵庫を購入しようと決めた、2020年秋・・。

 

大型冷蔵庫は20万オーバーだし、結婚当初は小型の冷蔵庫でもいけていた。

家族も減ったから、多分今後は備蓄する食材も減るだろうし、キッチンもちょっとスリム化したいと、私が選んだのは、小型よりも大きいけれど、観音開きの大型よりも、かなり小さな350リットル弱のもの。

 

所が、冷蔵庫って、大きければ大きい方が快適だし、家族が減ったからと言って、備蓄する食材が減るわけでは、ないんですよ・・・。

 

余談ですが奥様、最近の冷蔵庫はガラス仕上げで、マグネットがつかないの、知ってましたか??

ペーパー関係を、マグネットで冷蔵庫につけておく事、できないんですよ。

OH~・・・・。

 

家族が減るタイミングで、家事への気力も減退・・・

 

私は、ミニマリストとかではないのですが、わりとマメに買い物へ行くし、そんなに沢山食材を買い込む方ではないと思っていて、冷蔵庫を小さくしても問題ないと思っていました。

 

でも、子供が減るタイミングって、それまでの家事への気力もぱったりと無くなってしまうタイミングでもあるんです。

 

 

子がいれば、なるべく食育なども意識して、常に野菜を揃えたり、いざという時の強い味方、冷凍食品なども常備しておきたい。

作り置きの常備菜もタッパーへ入れて冷蔵庫で保管したいし、ビールや麦茶だって常に冷やしておきたい。

 

使いかけのドレッシングやポン酢も冷蔵庫にしまわなきゃだし、最近は粉ものにつくムシの被害も怖いから、それらも取り敢えず冷蔵保管。

 

でも、子供がいなくなれば、常備しておくものも減るし、冷蔵庫が活躍する機会が減ると思っていたのです。

 

しかし、子がいなくなった空の巣症候群の私は、マメに買い物に出る気持ちもぱったりと無くなりました。

仕事の帰りには、買い物なんてせずに、まっすぐ家に帰りたい・・。

ご飯なんて、冷蔵庫にあるもので、適当に作ればいいんじゃん・・。

 

そうです。

 

以前に比べて減ったのは、常備しておく食材ではなく、買い物の回数。

 

マメな買い物をしたくないがために、私は以前よりずっと、買いだめや、冷凍保存をするようになり、冷蔵庫は以前にもましてパンパンになるようになったのです。

 

しかも、ビール等の面積を取るものの量は、当たり前だけど、以前と変わらず。

 

キャベツやレタスなどの野菜だって、丸のまま買う方が割安だから、冷蔵庫で保存する量って、以前とほとんど変わらないのです。

カレーだって2~3日位は食べるから、お鍋のまま冷蔵庫へ保管。

しかも、カレーなんて、家族が少ないと一度作ったらそうそう減らないんだから・・。

 

そして、忘れていたけど、ふるさと納税のお肉や魚なんかも届く・・。

 

 

という事で、冷蔵庫で保存するものの量は、以前と変わらないばかりか、以前より増えている始末・・。

なのに、冷蔵庫を小さくしてしまったぁ・・。

 

誰だ、冷蔵庫を小さくすれば、食材の在庫が一目瞭然になるから、無駄が省けるとか記事にしたやつ!!

 

皆さんも、これまで大きなものを使っていた何かを、小さいものに買い替える時は、よくよく考えてから購入する事をおススメします。

 

「大は小を兼ねる」と言いますが、たくさん入るものに慣れている感覚は、なかなか元に戻すのは大変です。

 

それと、特に「家族が減る」タイミングでの買い替えは、年齢的にもお買い物がとても億劫になると思われます。

お買い物が趣味の人ならいいんでしょうけど、そうでなければ本当に面倒になります。

 

経済的にも、買い物の回数は減らした方が節約できるし、食材も、買いだめて置いた方が割安となる事がほとんど。

生協とかの宅配も、結構まとめて冷蔵庫に入れなければならないから、やっぱり冷蔵庫は、そこそこ大きいものの方が、ストレスが少なくて済むと思います。

 

アメリカンサイズの大きな冷蔵庫までは必要ないと思うけど、大きな冷蔵庫から、急に小さいものに買い替えると、私のような事が起こり得ますので、ご注意ください。

 

新品の冷蔵庫は快適だけど、小さいものにしたのは、本当に失敗した・・。

という感じです。

 

それではまた。