うみブログ

主に旅行記や、映画の感想などの雑記ブログ

バードウォッチングの為にカメラを買うなら、望遠レンズは必須だった!!

子供が生まれたので、記録に残したい。

ガーデニングを記録したい、美しい航空写真を記録したいとか、風景を創造したい・・。

 

映像を残すために、一眼レフの購入を考える人は多いと思いますが、私も、バードウォッチングのために、一眼レフを購入しました。

 

しかし、目的によっては、一眼レフを買うだけでは、ダメだったのです。

 

バードウォッチングのためには、超望遠レンズが必須!

 

カメラの購入を決めたら、色々なサイトやショップで、皆さんおススメを調べると思います。

 

なので、今日は、実際に一眼レフを買った、超初心者バードウォッチャーのかたせうみが、250㎜までの望遠レンズで、どこまで映るか検証しながら、ただ一眼レフを買うだけでは実現しない、写真のあれこれを偉そうにレビューします。

 

結果からお話すると、鳥を撮影するなら、一般的なレンズでは、全く撮影ができません。

小さな鳥を遠くから撮影するのと、被写体の大きな人間を、寄りで映すのとは、全然違う。

 

野鳥の近くに寄って撮影するなんて事は、ほぼ不可能。

 

鳩やカモメなどより小さい鳥(シマエナガとかカラ類とかカワセミとかね)を満足に撮影したいなら、別売りの望遠レンズは絶対必要です。

 

カメラ本体のコストを落としても、まずは、望遠レンズです。

でね、これがまた、高い・・。

 

カメラに付いてるキットレンズで撮影した鳥がこちら

 

 

こちらの写真は、オオルリを探しに行った時、250㎜のレンズで撮影した写真です。

大きく撮れてるじゃんと思いきや、この写真は、自宅に戻ってから、トリミングと補正をして、更に拡大させたものです。

 

初めての撮影なので、背景がボケてないのは勘弁してください。

 

オオルリの大きさは、大体、セキセイインコよりちょっと大きいくらいで、オカメインコよりちょっとシュッとしている感じです。

 

撮影距離は、およそ4~5メートル。

望遠を最大にして撮影し、何もしない状態の写真がこちらです。

 

オオルリの写真

 

で、ちょっと離れて、6~7メートルくらいの時がこれ。⤵

ち・・、ちいさい・・。

でも、これも、ちょっとだけ拡大しているのです。

 

先程の大きな写真は、オオルリが比較的近くに来た時に撮影出来たものなのですが、基本こんな感じで、肉眼の方がよく見えるくらい。

 

3メートルの距離でも、これくらいです。

 

 

因みに、元々持ってたデジカメで、同程度(5メートルくらい)の距離からデジタルズームの最大で撮影すると、下の写真くらい映ります。

 

望遠マックスだと、ボケるけどこれ位


下の写真は、何と、襟裳岬から数百メートル、下手したら1キロ位先の岩場にいたアザラシ達です。

(肉眼では全く確認できない)

 

 

望遠レンズはとても高いので、遠い被写体を撮影するなら、デジタルズームのある、いいコンデジを買うのも手だという人もいる位。


ただし、画像はよくないです。

 

デジタルズームは、レンズの能力を超えた時点で、本体が画像を拡大して望遠効果を出すので、拡大した分だけ、どうしても画像が劣化します。

なので、今回一眼レフを購入してみたのですが、250㎜のキットレンズでは、鳥の撮影には、全く歯が立たないことが分かりました。

上の写真は、10〜15メートル程先にいたキビタキですが、もう、ちっちゃくてどこにいるか分からないし、拡大しても、これが限界です。

キビタキ、超かわいいんですよ、大きく映したい。

そもそも、これ位にしか映りません。どこにいるか、分かる?

 

野鳥撮影の人たちって、皆さん凄い望遠レンズをつけてウロウロしてるので、私は『人生鳥にかけてんな〜・・』とか、お金かけてんな〜』位に思ってたのですが、結局、鳥が撮影出来ないので、皆さん高い望遠レンズを買うと言う事のようです。

(私の勝手な推測)

 

Eos kiss x10を買うなら、本体のみで、レンズは別で買うのがいいかも

 

 

所で、私が先日初めて買った一眼レフは、Canonの「eos kiss x10」というモデルで、通常レンズと250㎜の望遠レンズの、合わせて2本が付属しているタイプです。

 

 

例えば、食事や旅行の写真、子供に寄って撮影するなどなら、このセットでも充分いいと思うんですよ。

操作も簡単だし、本体もレンズも軽量化されているので、動きやすくて疲れない。

 

多分、運動会とかで、我が子を遠い所からドアップで撮影するとかじゃなければ、250㎜でも充分いける気がします。

競技場レベルになると、もっと望遠が欲しいかなという感じ。

 

でも、野鳥を撮影する為に買うなら、本体のみとか、望遠レンズがついていない方を購入し、望遠レンズは別売りのものを買った方がいいと思います。

 

余談ですが、eos kiss の付属品である、250㎜の望遠レンズは、単体でも販売していた時期があったみたいですが、今は、製造も販売も終了していて、300㎜のものが別売りズームレンズの主力となってるみたいです。これ⤵

 

 

300㎜のものは、勿論250㎜よりも大きく映るし、レンズの重さもそこそこ。

慣れない女性の手持ち撮影では、これが限界とも言われます。

(売り場で言われた)

 

で、このレンズが単体で大体8万円位。

 

eos kiss x10の、レンズ一本タイプのお値段も8万円位で、本体のみだと、7万位です。

 

でも、250㎜と300㎜では、さほど大きさに差が出ないと言われるので、これじゃ、カワセミとか撮影できないのでないだろうか・・?

 

で、300㎜より大きく映る、次のレンズが、400㎜とか600㎜。

カメラ全く初心者なので、私の説明が間違ってる可能性はありますが、400㎜から、レンズが急にバカ高くなります。

 

Canonの純正品だと、いきなり30万超えて来ます。

 

400㎜の更に上となると、120万位します。

更にその上もあるのだから、もう、ビックリ!

もちろん、レンズのみのお値段です。

 

競馬場に行くと、バードウォッチング以上に大きなバズーカを持ってる人達が沢山いるのですが、あれ、全部100万超えですか・・。

もう、未知の世界・・。

 

 

そんな事で、純正品は物凄く高いので、Canonやオリンパスなどに取り付けられる、別のメーカーのレンズも売り出されてます。

 

色々なブログでオススメされてたのが、これ。

 

 

純正品30万に対して、8万位。

重さも1.1kg程度で、同タイプのレンズと比べると、軽い。

口コミもとても良いようです。

 

で、cannonの純正品がこれ。重さは、1.5kg強。

 

 

口コミは、最高にいいです。

(あたりまえか・・)

 

で、結局、私は色々考えて、望遠レンズを買う事にしました。

だって、このままでは、シマエナガもオジロワシも撮れないじゃないの。

 

で、どちらを買ったのかというと、純正品です。

中古だけど。

レンズはまだ来てません・・。

 

さて、私は、カメラ本体とレンズ、合わせて2キロ超えの重量物を、首から下げて、10㎞も歩けるのだろうか??

バードウォッチングに行くと、重いカメラと三脚を担いでいる人とかいるけど、すごいよね~!

 

そして、カメラ本体は初心者向けなのに、レンズはその数倍の値段・・。

 

レンズの性能に、EOSKissは、ついていけるのか??

そもそも、何のどこにお金をかければいいのか分からない私。

豚に真珠と言われようが、レンズがきたら、またレビューしたいと思います。

 

次回、熊に襲われてなければ、またお会いしましょう。

それではまた。