うみブログ

主に旅行記や、映画の感想などの雑記ブログ

野幌森林公園で遭難しそうになるの巻①

こんにちは、かたせうみです。

 

今日は、札幌にほど近い「野幌森林公園」に来ています。

 

野幌森林公園は、大部分を国有林が占め、札幌市・江別市・北広島市の3市にまたがる野幌丘陵に位置しています。

 

鳥獣保護区にも指定され、 樹木約110種、野草400種以上、キノコ200種以上、野鳥140種以上、昆虫1,300種以上のほか、エゾリスやユキウサギなどが生息するという事で、とにかく広い!!

 

参考

道立自然公園野幌森林公園 | 観光施設 | 観光スポット | ようこそさっぽろ

 

道立自然公園野幌森林公園の概要 - 環境生活部自然環境局

 

そんなに広い公園で、遭難しそうになった今日の記録。

いや~、でっかいどう、北海道・・。

 

一般的に、遭難とは「道なき道を進んでしまって遭難」みたいなイメージかと思いますが、私が歩んだ道は、散策路や、車も通れるアスファルトなど、全て整備されている道。

 

しかし、そんな場所でも遭難を覚悟する事態が、起こり得るのです。

 

無事に帰ってきましたが、その時は『死ぬ時って、誰もが、それは今日だと想像もしないまま、天に召されるのだろう・・。』と、考えてしまうような吟遊詩人状態。

豊かで広大な自然は、私に辞世の句のひとつも詠ませる威力がありましたが(実際にはそんなもの詠んでない)、今日は、野幌森林公園のほんの1/4程度の敷地での、私の冒険談を、鳥の写真と共に、お読みください。

 

野幌森林公園が、どれくらい広いか

 

野幌森林公園の地図の写真

 

こちらが、野幌森林公園のマップです。

外周は約20㎞程だそうです。

で、その中に、四季折々の景色が楽しめる、いくつもの散策路があるんですよ。

 

本日は、野幌森林公園のシンボル「百年記念塔」のあたりからスタートし、下の写真のようなコースを、命からがら回ってきました。

 

この辺りを回ってきた

写真は北海道開拓の村遊歩道マップより

移動した道のりは、およそ10㎞弱。

大体8㎞とちょっとです。

途中、遭難しかけて歩行速度を速めましたが、野鳥観察しながらだったので、所要時間はおよそ4時間という所でした。

 

背の高い木々が多く、山道や林道が多いのですが、、瑞穂口から登満別に抜ける「基線」と呼ばれる部分は舗装もされていて、車も通る事ができるようになっています。

 

ピンク色の基線は、車両も通行できる、舗装された道路です

 

私は丸で囲んだ部分しか移動していませんが、多分、瑞穂口からそのまま登満別に横切る道は、車が通行できるようになっているのでしょう。
(丸が大きいですが、中央線は多分、車は通れない)

 

しかし、そこは週末というのに、人も歩いていないし、車も1台も通らないし、なまじ道が舗装されている為、自分が本当にまだ森林公園にいるのかすら分からず、初めて歩くととっても心細いです。

 

道なき道を進んでいるわけじゃないから、どこかへたどり着くのは確定だけど、一体どこへ向かっているのか・・。

そして、最終的に、どこへ到着するのか・・。

このエピソードは後程。

 

で、広い上に起伏に富んだこの公園には、いくつかの入場口というか、駐車場があるのです。

 

ほら~、見て~!!

 

一番下の「トド山口」から右の「登満別口」に抜ける登満別線だけでも3.8kmもあり、北と南、右と左を間違えると、全く明後日の方向に到着する可能性もあるわけで、下手したら、車を停めた駐車場まで戻るのに、既に10キロ歩いているのに、戻るためにはもうあと10キロ歩かなければならなくなる事態も、可能性としては0ではないのです。

 

もう、そうなってしまったら、バスやタクシーで元の駐車場に戻るしかないのですが、駐車場からバスやタクシーが通る一般道まで更にどのくらい歩くのかも分からないし、第一、僻地の駐車場に出ちゃったら、タクシーもバスも捕まらないかもしれない・・。

 

しかも、野幌森林公園の中は、インターネットに繋がらない・・。

(正しくは、すっっごく遅くて繋がらない)

 

そんなこんなで、ちょっとだけ怖い思いをしながら散策した、野幌森林公園のコースをご案内します。

 

北海道開拓の村側の駐車場に車を停めて、100年記念塔から出発!

 

野幌森林公園百年記念塔の写真

 

 さて、まずは、一番メジャーな「北海道開拓の村」の駐車場に車を停めて、出発です。

正面に見えるのは「百年記念塔」。

野幌森林公園のシンボルです。

 

 

幹線道路から入ると、この様な立派な道を通り、駐車場に到着します。

そう、駐車場から幹線道路までが、これまた遠いのです。

でも、いい景色ですね。

 

 

取り敢えず、「百年記念塔」まで来ました。

上部に展望台があるのですが、現在、老朽化等により登る事ができなくなっていて、周辺も立ち入り禁止となっています。

 

カタクリの花の写真

 

あれ?

これはカタクリの花ではありませんか??

自生しているのを見るのは、初めてかも~!

 

 

公園案内図。

この時にはまだ、コース取りの事など考えもせず、『とりあえず、瑞穂の池まで行ってみるか。』程度の気持ちでした。

 

野幌森林公園の看板写真

 

百年記念塔からは、いくつかコースが出ているのですが、まずは、瑞穂の池へ行ってみようという事で、こちら側のコースを選択。

 

カラスの写真

野鳥の写真が撮れなかった時のための、保険のカラス・・

 

・・・カラスがいる・・。

取り敢えず、何も撮影できなかった時のために、保険としてこれを撮影。

カラスは簡単でいいなぁ・・。

 

野幌森林公園歩くスキーの看板

 

林道入り口。

冬は歩くスキーが楽しめるようですね。

看板の老朽化加減が、ちょっと怖いです。

 

 

コースを入ると、この様な山道となります。

カメラを抱えている人もいたけど、どちらかというと、山ウェアにナップザックという、本気トレッキングの人とすれ違う確率の方が高い・・。

 

この辺で

 

 

こ・・、ここはそんなに野生で険しい道なのか??

 

 

 

と、大した装備でない私は若干不安になる。 

 

野幌森林公園散策路の写真

 

実際の道は、この様な山道です。 

 

全体的に、高く茂った木が多く、平坦な道が少ない為、野鳥を探すのがちょっとばかり困難です。

鳥の声も聞こえるんだけど、これまたどこにいるのか分からない。

そこらじゅうの木に、鳥がつついた跡があるんだけど、見つからないなぁ・・。

 

という所へ、キツツキが登場。

 

コゲラの写真

 

色が茶色いので、「コゲラ」と特定。

 

 

お尻が可愛いですね。

穴も大きめだったし、かなり体を突っ込んでいるので、もしかしたらヒナが中にいるのかもしれないと思ったんだけど、それなら穴が小さすぎるかな・・。

 

シジュウカラの写真



これは、「シジュウカラ」??←ヤマガラだった・・。

ごく普通に生息している鳥ですが、色が綺麗で映えますね~!

 

 

と、この辺で、階段を降りていくと、下の方に池を発見。

あれがきっと、「瑞穂の池」だろう。

 

野幌森林公園瑞穂池の写真


「瑞穂池」到着!

 

まだ雪が残ってるよ~

 

この辺りは、レジャーシートを敷く事ができたり、東屋もいくつかあって、休憩ポイントとなっているようです。

水面には、なんか鳥がいた

「瑞穂池」までの所要時間は、写真を撮りながらで、およそ1時間弱。

普通に歩けば30分程度です。

ひとまず目的地へ着いたけど、ここからどうしよう。

ただ戻るのも芸がないし、物足りないな・・。

 

ここで、公園のコースをおさらいしましょう。

 

 

写真は北海道開拓の村遊歩道マップより



 ・・、取り敢えず、もう少し先に進んでから考えるか・・。

と、お気楽に私は次の目的地も考えず散策を続けることに。

散策路は、この先の「瑞穂口」まで繋がっています。

 

でも、当初の予定では、「瑞穂連絡線」に入って、北側に抜けて、「ふれあいコース」を回って戻ろうと思っていたのです。

しかし、辿り着いたポイントは、「瑞穂口」という駐車場・・。

 

しかも、さっきカタクリの写真を撮った時には、雲ひとつない青空だったのに、鳥の写真がこんな感じにしか撮れなくなるくらい、空は曇ってきていた。

こんな感じ

 

続く。

次回は、瑞穂池~百年塔に戻るまでのコースをご案内します。

それではまた。