うみブログ

旅行記が主と言いながらも、社会や教育の記事もある雑記ブログ

【夏休み】長沼半日ドライブおススメコース!前半

f:id:kataseumi:20210723123825j:plain


 

札幌から車でおよそ30分。

新千歳空港からは、20分(新しい道ができた)。

 

北海道らしい田園風景が望めて、果物狩りが楽しめて、キャンプもできるしワイナリーもある。

ソフトクリームも美味しくて、温泉まである「長沼」。

 

程よく田舎で都会にも近いここは、札幌近郊~室蘭あたりまでの人気ドライブコース。

 

今日は、おススメの長沼ドライブコースをご紹介します。

 

長沼半日ドライブコースおススメスポット!

 

そんな訳で、今日はひとつ目的があって、長沼に来ています。

 

長沼久々~!!

長沼にはキャンプ場もあるので、ファミリーレジャーとしても超おススメです。

 

で、今日の予定はこんな感じ。

 

 

★1 長沼の道の駅「マオイの丘」で、生トウガラシを買う

 

★2 「ファームレストランハーベスト」で昼食

 

★3 「あいチュランド」でソフトクリームを食べる

 

★4長沼温泉でゆったり湯治 

 

 

文字で書くと短時間で終了しそうな 予定ですが、これが意外と充実したお出かけになりますので、長沼に行ったことない人や、新千歳空港からレンタカーを借りてドライブする人は、参考にしてみて下さいね。

 

新千歳空港から長沼を抜けて札幌というルートの場合、この様になります。

 

 

道の駅「マオイの丘」に到着! 

 

道の駅マオイの丘の看板

 

到着しました道の駅「マオイの丘公園」!

 

ここには沢山の野菜や果物を扱う直売所があり、センターハウスにはレストランや売店と、いつも賑わって活気のある人気の駅。

 

マオイの丘公園入り口写真

 

夏場はキッチンカーなどもお目見えし、夏を盛り上げます。

北海道の夏はいきなり来てあっという間に去るからねぇ・・。

 

農作物の直売所は8軒が連なる長屋づくりで、昔風な感じが、ノスタルジーを誘います。

8軒全てが野菜や果物を売っているのではなく、食べ物を扱っているお店も2軒ほど。

 

扱っている野菜は大体同じなのですが、よく見るとちょっとづつ違うので、じっくり見てみて下さい。

 

f:id:kataseumi:20210721200423j:plain

 

ここは、とにかく人気で品数も豊富。

品物は無くなれば補充もありますが、遅い時間に行くともう残ってないかもしれないので、早めの到着をおススメします。

 

本日は、午前11時前に到着。

まだまだたくさん並んでいたので、一部を紹介。

 

マオイの丘公園で扱っている果物の写真

 

長沼近隣で採れる、サクランボやブルーベリー、グズベリーなど。

生のラズベリーやカシスもあります。

ラズベリーはあっという間に旬が終わるので、見つけたら即買いしてください。

 

北海道産ゴーヤの写真



何と、北海道産のゴーヤを発見!

迷わず買った。

 

SNSでよくしてくれている方がアップしていた唐揚げを真似してみたら、すごく美味しかったです!
(塩でもんで、片栗粉で揚げるだけ。レモンを絞って最高においしい)

 

それにしても、北海道でゴーヤが収穫できるとは驚き・・。

 

本日の戦利品の一部

 

さて、何故私がわざわざ道の駅まで野菜を買いに行ったかというと・・。

 

激辛なんばんの写真

 

生のトウガラシと甘長トウガラシが欲しかったのです。

 

生トウガラシと甘長トウガラシを使って「辣椒醤(ラージャオジャン)」という、中国の調味料を作りたかったのですが、残念ながら、生トウガラシが出回るにはまだ少し早く、代わりに「激辛なんばん」を買いました。

 

激辛なんばんも、もう少しすればもっと辛くなるんだって。

8月にもう一回トライかな??

 

白いご飯やヨダレ鶏、お素麺などによく合う、辛い調味料「ラージャオジャン」の作り方などについては、こちらで記事にしていますので、気になる方は読んでみてね。

www.kataseumi.com

 

センターハウスには、売店にレストランやソフトクリームが

 

マオイの丘公園センターハウスの写真

 

買い物も済ませたし、せっかく来たからセンターハウスでも見てから移動します。

 

レストランや、長沼名物のソフトクリームもあります

 

マオイの丘にある「ゴールデンカムイ」のイベント告知

ああっ!ゴールデンカムイのイベント告知があるではありませんか!

 

マオイの丘公園は、2021年に指定管理者が「株式会社キャメルマオイ」という会社に変わっています。

キャメルという言葉にピンと来た方はご名答。

カルディコーヒーを運営している「キャメル珈琲」が、新しく指定管理として参入したみたいですね。

 

と言う訳で、売店には一部カルディコーヒーで扱っている商品が並びます。

 

マオイの丘公園で扱っている源泉豆腐写真

 

上の写真は「源泉豆腐」。長沼の温泉をちょっと使っているのだそうだ。

 

こういう所のお豆腐って、ついつい買っちゃうんですよね。

 

f:id:kataseumi:20210721200615j:plain

 

源泉豆腐厚揚げの写真

 

冷蔵コーナーに並んでいる、厚揚げと手揚げ。

 

源泉豆腐「手揚げ」のアップ写真

 

これは「手揚げ」。

厚揚げみたいだけれど、じっくりと二度揚げされたお揚げは、オーブンで焼けば外側はカリッと、内側はフワフワの食感と、豆の甘味を楽しめる逸品。

 

スーパーではあまり目にかかれません。

 

か・・、買いたい!!

 

 

 

しかし、外は30度を超える気温で、これから数時間の移動・・。

保冷材は売っているけど、どうしよう・・・。

 

 

帰りに買うという手もあるけれど、もしかしたら売り切れてるかもしれないし、閉店しちゃうかもしれない!

 

 

 

という事で、仕方なく保冷バッグを購入・・・。

 

 

通販最安値はLOHACOとおもわれます。

 

さすが、カルディ系列店・・。

カルディの保冷バッグが売っていました。

人気でどこも品切れらしいですが、マオイの丘には売っています(450円)。

 

200円の簡易保冷バッグも取り扱っていましたが、どうせ買うならあと300円出してお洒落なやつの方が、使い勝手がいいでしょう・・。

余計な出費となりましたが、夏の道の駅には海のものや山のもの、色々と並びますので、一応保冷バッグと保冷剤を準備していきましょう。

 

しかし、ここで保冷バッグや豆腐を買い急いだことを、後で後悔する事になる・・・。

理由はここ⤵

 

「源泉豆腐」の本店は、長沼温泉の敷地にあります。

そう、ここで買わなくても、予定の行き先にあったのです。

しかも、長沼温泉の館内にも同じものが置いてあります・・。

 

べつに、ここで買い急がなくても、涼しくなった夕方に、長沼温泉の売店で買えば済む話だったのだ・・(涙)。

 

と言う訳で、この先に何度か遭遇する事になる「源泉豆腐」を手に入れて、戦利品片手にホクホクとランチの場所まで移動する私達。 

 

目的のレストラン「ファームレストランハーベスト」までは14㎞と、ちょっとだけ距離があります。

 

時間にしたら15分くらいだけれど、途中、ゆったりとした田園風景などを楽しむことができますよ。

 

長沼田園風景の写真

北海道らしい夏の田園風景をどうぞ

 

近くにはワイナリーやハイジ牧場もあるので、ファミリーならハイジ牧場を、大人同士ならワイナリーをルートに入れるのもおススメ。

 

だけど、ワイナリーの見学とかすると、「どっちが運転するのか」問題が勃発するので、また今度にします。

 

続く・・・。

続きはこちら

☞【長沼半日ドライブコース後半】「ファームレストランハーベスト」からながぬま温泉へ - うみブログ

 

各リンクはこちら

naganuma-maoikouen.localinfo.jp

www.hlwine.co.jp

www.heidi-farm.com